スタッキングできるザル付き保存容器2サイズ!

3COINS

今回は3COINS+pulsで購入したKITINTOシリーズのザル付き保存容器MとLです。
ちなみに、3COINS+pulsとは3COINSの商品に加えてちょっとした家具なども取り扱っている店舗のことです。(公式サイトより)

商品の特徴


本体、ザル、蓋の3点で構成されており、容器の厚みは約2㎜で、持った感じはしっかりした印象です。蓋にはパッキンが付いているので密閉度が高いです。
ザルは足が付いているので底にたまる水滴がつきにくいです。耐冷温度は-20℃となっておりますが、『冷凍庫には入れないでください』と記載があります。
食洗器対応なのはうれしいですね!

ザル付き保存容器Mのサイズ約9.3×16×10.8㎝・容量1,020mlで、ザル付き保存容器Lのサイズ約9.3×21×16㎝・容量2,140mlです。
価格はMサイズが税込み330円、Lサイズが税込み550円です。


蓋つきですのでスタッキングができて冷蔵庫での収納にとても便利です。さらに、Lの上にMが2つ並べてスタッキングできるので冷蔵庫での収納力がアップすること間違いないです!

なぜザル付きが良いのでしょうか?

みなさんはミニトマトをどのように保管していますか?
私はザル付き保存容器Mを購入する前は、スーパーでミニトマトを買ったときに入っているパックのまま野菜室に入れていました。そして、お弁当やサラダに使うときに使う分だけを出して洗って使っていたのです。


ですが!!ダメなのです!!
ミニトマトのへたには汚れが付いていることがあるので、家に持ち帰ったらへたを取り、水洗いをして水滴をふきとってから野菜室に保管しないとカビが生えたり、腐ったりしてしまうのです。
本来ならばそれがベストな方法なのでしょう…


でもでも、『ミニトマトを買うたびに洗って1個ずつ拭くなんてことできない!』と私は思っていました。そんな時にこのザル付き保存容器に出会ったのです♪
今では、ミニトマトのへたを取って洗ったあと、ザルにしばらく上げてから本体に入れ蓋をして冷蔵庫に保管しています。カビが生えたり腐ったりすることは、ほとんどなくなりました♪

使ってみて思うこと

わが家ではミニトマト・ブロッコリー・ベビーリーフ・レタスなどを入れています。
ザル付きだからと言って一度入れたら何日も放置はしないほうがいいです。ザル付きだからと余裕ぶっこいてたらミニトマトが全滅してました…
早めに使い切ることがおススメですが、何日も保管する場合は容器に溜まった水や野菜たちのチェックをしてあげてください。
せかっく買った野菜を無駄にしてしまうのは悲しいですよね。もったいないを減らすためにも、このザル付き保存容器を活用してみましょう!


番外編として食べ残したサラダの保管には最適でした。お皿のまま保管すると翌日には意外とお皿の底に水があります。作るときに水切りを十分にしたつもりでも、水分の多い野菜はザルに上げておくのが良いのだなと感じました。

まとめ

・容器が蓋つきなのでスタッキングできる
・2サイズあるのでいろいろな野菜に使える
・ミニトマトや葉物野菜にはザル付き保管容器が向いている
野菜をおいしく食べきることは、フードロスの観点からも大切なことです。なかなか買ってきた野菜を全部使い切ることは難しいですが、ザル付き保存容器を上手に使えば一石二鳥です。

タイトルとURLをコピーしました